ニキビ・ニキビ跡

ニキビって何?

ニキビって何?

ニキビは、毛穴の入口に角質が溜まり、角栓ができて、毛穴内部に皮脂が溜まることでできます。

白い皮脂の塊が見える「白ニキビ」や、皮脂が酸化して黒くなった「黒ニキビ」、白ニキビ・黒ニキビが悪化した「赤ニキビ」などの種類があります。

毛穴内部に皮脂が溜まることでできるほか、体質、生活習慣の乱れ、ストレス、脂肪分の摂り過ぎなどでできることもあります。

ニキビを潰したり、放っておいたりすると、ニキビ跡になる場合がありますので、ニキビができても自己処理せずに、お早めに大阪市西成区の天下茶屋あみ皮フ科クリニックまでご相談ください。

ニキビにはどんな種類があるの?

白ニキビ

ニキビの初期症状です。
詰まった毛穴に白い皮脂の塊が見えます。

「コメド」とも呼ばれ、広い範囲にできることが多いです。

黒ニキビ

皮脂が酸化して黒くなった状態です。

酸化すればするほど、黒くなっていきます。

赤ニキビ

白ニキビ・黒ニキビが悪化した状態です。

皮脂が溜まった毛穴内部でアクネ菌が繁殖し、炎症を起こすことでできます。

痛みが生じたり、跡が残ったりすることもあります。

ニキビ跡

ニキビが治まった後、お肌に凸凹や色素沈着が残った状態です。

ニキビ跡の状態によっては、治すのが難しい場合がありますので、ニキビができたらお早めに当クリニックまでご相談ください。

ニキビはどうしてできるの?

皮脂の過剰分泌

ホルモンバランスが乱れて、皮脂が過剰に分泌されることでニキビができます。

思春期にできるニキビの主な原因となります。

角詮

古い角質や汚れなどが毛穴に詰まると、角栓ができて、毛穴内部に皮脂が溜まったり、アクネ菌が繁殖したりするなどして、ニキビの原因となります。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

生理前など、ホルモンバランスが乱れると皮脂が過剰に分泌され、ニキビができやすくなったり、悪化したりします。

ニキビの治療方法は?

ピーリング石鹸

ニキビの原因は、基本、毛穴の詰まりです。

そのため、お肌の表面の古い角質、毛穴の汚れ、過剰な皮脂などを取り除くピーリング石鹸「スキンピールバー」を使って、ニキビの改善や再発防止をはかります。

ニキビ予防に効果的なノンコメドジェニックの化粧品もご用意しています。

ケミカルピーリング

お肌に薬剤を塗布して、古い角質を取り除くことで、毛穴の詰まりを改善して、ニキビを治療します。

お肌のターンオーバーは、年齢によっても異なりますが、おおよそ1ヶ月から1ヶ月半の周期で起こります。

なので、ニキビの再発を予防したいということでしたら、美容室で髪をカットしてもらうような感覚で、定期的に毛穴の詰まりを除去されることをおすすめします。

クリアタッチS

クリアタッチS

ニキビに対する殺菌作用が高い光と、炎症を抑える光を照射し、さらに熱の作用で血行促進・代謝促進をはかって、ニキビを治療します。

赤みが長引くニキビを何とかしたい方や、すぐにニキビを治したい方などにおすすめです。

現在、キャンペーン価格「1ショット300円」でご提供していますので、学生の方でもお小遣いを使って受けていただくことができます。

詳しくはこちら

ティクセル

ニキビ跡を治療する時には、「ティクセル」を使用します。ニキビ跡のうち、陥凹性瘢痕(クレーター)になると治療が難しくなります。
基本、お薬を表面から塗るだけでは治りません。ティクセルでは、瘢痕(はんこん)に細い針を刺し、そこから瘢痕を治すお薬を注入することで、お肌の下層から新しい皮膚が生まれてくるのを促進し、凹みを盛り上げます。

ココがポイント!

ニキビができたら、潰さずに早めにクリニックへ。

これがニキビ治療の「基本」です。

ニキビを潰すなど、間違った自己処理をしてしまうと、ニキビ跡になって、治すのが大変になることも。
ニキビの治療はクリニックにお任せください。

ニキビ予防のためのドクターズアドバイス

ご自宅で手軽にできるニキビ予防をご提案します

ご自宅で手軽にできるニキビ予防をご提案します

ニキビを予防するためには、正しい方法で洗顔することが大切です。

ニキビ予防に効果的な石鹸などを泡立てて、強くこすらずに、優しく洗顔してください。

「ニキビ予防のお薬を塗るのが面倒」という方も、石鹸をニキビ予防用のものに替えていただくだけで、効果が期待できますので是非お試しください。

ニキビ予防用の石鹸のほか、ニキビ予防に効果的なノンコメドジェニックという化粧品もご用意していますので、ご希望の方はお気軽にお申し出ください。

ニキビはクリニックで治療する時代です

今、ニキビはクリニックで治療する時代です。

ニキビを放っておくと、ニキビ跡になって後々、大変な目に遭うことも。

思春期はニキビができやすい時期ですが、中高生のお子様を連れて、お母様が「ニキビを全然気にしてない」とご相談にいらっしゃることがあります。

そうした時、お子様へ「今、きちんとケアしておかないと、後で大変なことになるよ」とお伝えして、ニキビに対する考え方を変えてもらうようにしています。

ニキビが「青春のシンボル」だった時代は、もう終わりました。
従来のイメージにとらわれずに、ニキビに対する考え方を変えて、クリニックでしっかり治療するようにしましょう。

top

06-6115-6665

WEB予約

遠隔診療